mobile menu icon

日本語 - 企業取引・商取引

GO

当法律事務所の重要な強みの1つに、テクノロジーと知的所有権に関する知識があります。これは、中核的価値がテクノロジー、特許、ブランド、著作権、またはその他の知的所有権に存在する企業が関与する国内及び国際的な取引に助言するうえで、貴重な資産です。当法律事務所の企業間取引と商取引の業務では、この専門知識を活用して、新興ベンチャー企業の株式による資金調達、英国企業への投資、新しい企業や支店の設立など、英国や欧州で事業機会を模索するアジア企業に助言を行うことができます。特にこのような事例の複雑な法律問題でお客様にガイダンスを提供するうえで、当法律事務所は最適な立場にあり、税務、雇用、英国及び欧州連合における競争や独占禁止、規制、不動産、IT、データ保護及び知的所有権問題など、取引のあらゆる側面で助言を行うことができます。

当法律事務所はIT、エレクトロニクス、通信、メディア、バイオテクノロジー、医薬品、ブランディングといったセクターで、下記に関する問題について、定期的にお客様に助言しています。

  • M&A

  • 合弁事業

  • デット・ファイナンスとエクイティ・ファイナンス(新規株式公開や国際的な株式上場なども含む)

  • 企業再編

  • テクノロジー系新興企業

  • 多額のテクノロジー開発取引

  • ブランドのライセンス供与と商品化

  • 企業取引における知的所有権の側面知的所有権ライセンスへの公正競合規則の適用.

当法律事務所は、所属弁護士の多くが幅広い技術的な資格と業界経験を持ち、著名なブランド企業や多国籍企業、新興企業など、様々なお客様とお取引させていただいております。

Share to:
Unknown